メニュー

献身さは長く日本人の美徳とされている

献身さは長く日本人の美徳とされている。

実際に私もというか多くの日本人はそうやって育てられたと思う。

しかし、だんだんと現実に合わなくなってきているのも確かだ。

最近それが確信に変わりはじめたのは、

サッカーを知らない、興味ない方はわからないかもしれないが、イングランド、プレミアリーグで優勝した、レスターの岡崎慎司選手のインタビュー記事や番組を見てである。

彼は、体を張ったプレーが代名詞。

清水でも、ドイツでも、プレミアリーグに来てシーズン当初までは本人もそう考えていたそうだ。

日本人らしい?献身的なプレーを求められていた。

しかし、サッカーに献身的なプレーを主とするポジションなんて実は無い。

野球には、バックアップする考えがある。

しかし、バックアップであり献身的プレーではない。

日本ではそのあたりがごちゃまぜになっている。

送りバントを『犠打』とか。

なんとなく自分を犠牲にして献身的にプレーすることが染みついてしまっている。

確かに日本人の持ち味ではあるが、ゆえに、どうしても勝負弱い、迷いが出てくる。

岡崎慎司選手は考えた。それだけでは試合に出れない。

彼はチームプレーとしての攻撃的守備はそのまま、自分の特徴や得意なプレーを監督にも、チームメイトにもアピールした。技術があり俊敏性を利用した密集地でのプレーだ。相手の嫌なところに飛び出し、自分でシュートしたり、相手の守備陣を引きつけて、味方をフリーな状態にするプレー。結果が出る度に岡崎へのパスは増え、試合にも、コンスタントに出られるようになった。

岡崎慎司の場所を必死の努力とアピールで、掴んだ。

日本代表の香川真司も全く同じことを言っていた。今まではチームプレーを意識していた。しかし次第に使われなくなってきて、監督に意見をしたそうだ。何故スタメンで出れないのか?

内容はともかく、自分の場所を確保するべく監督ととことん議論したのだ。

最近、復活してきているのも、その繰り返しの成果だろう。

岡崎慎司曰く、他国の選手はスタメンを取るため、監督と話し合い最初は指示通りにするが、スタメン勝ち取ると、個性を前面に出して行くと。スタメンを取り結果を残して、何も言わせないようにすると。

今までの日本は献身的なことだけでも評価されてきた。忠誠心。

これからは違う。普通の日本人なら献身さはある程度あるので、どんどん個性をぶつけていくべき。難しいことはなく、議論することを恐れず、増やす。自分の考えを常に伝えること。程度は仕事とプライベートは変わると思いますが、相手が理解するまで続けないとだめだと思う。

献身さは日本人の良さでもあり、足かせにもなる。

良く、いい人なのに…。と言われるが、いい人がまさに献身さと似た美徳になっている。いい人取ったら何もない人にはなっていないだろうか?

良い勉強になった2人の日本代表でした。